人気ブログランキング |

フレンチ食堂 エスカルゴ

lescargot.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 21日

フランスの駄菓子カランバーもれなく1本だけプレゼント!

  今回2019年の食べ歩きの際買ってきたリール発祥のフランスの駄菓子カランバーを
本日、9月21日~ ディナータイムにお食事に来られた方にもれなく1本ずつだけプレゼント!
 無くなり次第終了です。
f0358270_02280397.jpg
f0358270_21585536.jpg


フランスの駄菓子カランバーとは.......


《 引用元:地球の歩き方特派員ブログより 》

No.111フランスの子供はみんな大好き!Carambar(カランバール)の魅力。

111-1.jpg


 フランスの子供、もしかしたら、大人も、みーんなつい手が出てしまうおやつといえば、Carambar(カランバール)!棒状のキャラメルを想像してもらうといいでしょう。現在売られているものは、基本8センチで8グラム。


111-2.JPG


なんと年間10億本が消費される人気です。

 元祖のキャラメル味が売り出されたのは、1954年。ここフランス・ノール県のMarcq-en-Baroeul(マルカンバロル)が誕生の地です。マルカンバロルは、リール市のすぐ北に位置する町で、閑静な住宅街が多いことで知られています。

111-3.JPG

カランバール工場。
このトラックの中にはキャラメルが一杯詰まってる?!


 カランバールという名前は、Caramel(キャラメル)+ barre(バール)、つまり、キャラメル+棒を組み合わせた鞄語です。ちなみに、「鞄語」は二つの単語がくっついて出来た言葉で、有名なものには、ブランチ(ブレックファーストとランチの鞄語)などがあります。


 上述したように、最初はキャラメル味でしたが、その後ヴァリエーションが増えて、今では、いろんな果物のフレーバーや、コーラフレーバー、ソーダフレーバーなど、種類も豊富です。

111-4.jpg


 カランバールを語るのに忘れてならないのは、その「ジョーク」。1969年に始まったもので、包み紙の内側に、必ずジョークが書いてあるのです。たわいない言葉遊びともいえますが、同じものにはなかなかあたらないくらい多くの種類があり、子供たちはカランバールを口に入れる暇も惜しんで、夢中で読むのが常。

111-5.JPG

  • 「Q:美容院に、火がついたろうそくがないのはなぜ?
  •  A:メッシュ(髪の房も意味すれば、ろうそくの灯心も意味する)を切っちゃったから。」
  • 「Q:一番女性的な果物はなに?
  • A:ラナナ。(La nanaは女の子。L'ananasは、同じ発音でパイナップルのこと)。」


 「Blague Carambar」(カランバール・ジョーク)というと、「まずいジョーク」を意味するほど、ポピュラーな用語です。日本で言う「おやじギャグ」のようなイメージでしょうか。

 でも、そうは言いつつ、カランバール・ジョークのファンは多く、それを証拠に、カランバール・ジョークを集めた日めくりカレンダーが人気だったりします。



                                     




# by escargot64 | 2019-09-21 08:42 | お知らせ | Comments(0)
2019年 09月 19日

北フランスの中心都市リール その2

北フランスのリール周辺は近隣のオランダやベルギーの一部と共にフランドル地方という名前でよばれています。
(バスク地方がフランスとスペインにまたがっているみたいに...)

ちなみにリールでは、年1回9月最初の週末にヨーロッパ最大のフリーマーケットが開催されます。
フランスのみならず近隣諸国から人が集まる一大イヴェント。(出店数1万件らしい...)
残念ながら1週間前に終わってました。


そして、この地方の特産は多くの野菜(アンディーヴ、ポロネギ、根セロリ、ジャガイモ...)、
飲み物はビール、蒸留酒のジン、チコリコーヒー、いろんなチーズ(ミモレット、マロワール...)、お菓子では、
スペキュロスというクッキー、ゴーフル、カランバー(駄菓子)。
パンはフランスパンのようにハード系ではなく、日本人が食べやすい(?)食パンやロールパンのように
比較的柔らかめのパンがあります。

それとこの地方では居酒屋のような店のことを『エスタミネ』と呼んでいます。
f0358270_20135244.jpg
ということで、今回はたった2日間でこの特産品たちを味わうというハードなスケジュールです。


まだオープン前のエスタミネが集まる、通称エスタミネ通り(そのまんまです)
f0358270_20181893.jpg
f0358270_20144056.jpg

          本当は、この店が目的でしたが、残念ながら補修工事をして営業していませんでした。
f0358270_20124739.jpg
                                                 その3へ続く




# by escargot64 | 2019-09-19 21:23 | 2019年フランス放浪記 | Comments(0)
2019年 09月 17日

北フランスの中心都市リール その1

f0358270_02271468.jpg
今回リールに来たノルマンディーは2回目。17年ぶりです。
f0358270_22280521.jpg
                   《 リール フランドル駅の構内 》 天井からは、謎の球体が....
f0358270_21170603.jpg
以前来たときは、駅前から、旧市街にかけての街並みは、
f0358270_21184122.jpg
さまざまな様式の建物が並び、色調もカラフルなのですが、
f0358270_21191133.jpg
なぜかクールでグレーな寂しい街というイメージでした。

今は、2004年に欧州文化首都に選ばれ、路面電車や、地下鉄ができて美術館や博物館への
アクセスも良くなり、駅前の大通りのモニュメント(好みは別として)も街を盛り上げています。
f0358270_21163574.jpg
f0358270_21161920.jpg
f0358270_21160113.jpg
f0358270_21154881.jpg
f0358270_21153364.jpg
以前より、硬さが取れて親しみやすくなった気がします。


# by escargot64 | 2019-09-17 22:54 | 2019年フランス放浪記 | Comments(0)
2019年 09月 16日

初日のパリの晩御飯

2年ぶりのフランス食べ歩きです。
シャルルドゴール空港に夕方着いて、パリのホテルにチェックインしたのは19時30分。
f0358270_22320665.jpg


近くのレストランで軽く食事を済ますつもりでした。
f0358270_22374710.jpg
とりあえずのビール。
f0358270_22312067.jpg
トマト、ミント、バジルのガスパチョと生ハムとオリーヴのケークサレ



f0358270_22313458.jpg
てんこ盛りのサラダ。

f0358270_22415202.jpg
鴨とフォワグラのテリーヌ

f0358270_22420289.jpg
ポークリエット

f0358270_22421440.jpg
ハムのゼリー寄せ

f0358270_22423670.jpg
鴨もも肉のコンフィ....etc




軽く済ますつもりが、予想の3倍のボリュームで初日から胃薬のお世話になりました。



# by escargot64 | 2019-09-16 22:50 | 2019年フランス放浪記 | Comments(0)
2019年 09月 15日

旅の思い出 フランドル地方の特別ディナー


フランス食べ歩き


フランドル地方の特別ディナー


9月21日(土)~929日(日)


MENU


マロワールチーズのタルト 

       

お肉(仔牛、豚、ウサギ、鶏)のゼリー寄せ『ポチュヴレエシュ』


帆立貝とアンディーヴのスープ、スペキュロス風味


猪のカルボナード、フランドル風(ビール煮)

又は、本日のメイン料理から1


チコリのブリュレとアイスクリーム


パン 、コーヒー


¥4,500(税別)

上記のメニューは特別メニューとなります。ご来店の5日前までにご予約お願いいたします。

  期間中、通常のディナーメニューもご用意しております。



# by escargot64 | 2019-09-15 08:00 | お知らせ | Comments(0)